アダルトチルドレンの克服方法

殻に閉じこもるアダルトチルドレン

こんにちは!

40年来のアダルトチルドレンのつらさから解放された

心理カウンセラーの随神 綜完(かんながら そうかん)です。

アダルトチルドレンには、いろいろな要素があります。

その中で「自分の殻の中から出るのが怖い」という方には次のような特徴があります。
[list class=”li-chevron”]

  • ほめられるわけでもなく、問題をおこすわけでもなく、目立たない。
  • 家でも、学校でも、職場でも、存在感が薄い。
  • 話しかけても言葉数が少ない。
  • 友達がいない。
  • 人前で話すのが苦手。
  • 目立ったり、注目されるのが苦手。

[/list]
「自分の殻の中から出るのが怖い」タイプのアダルトチルドレンは、どうしてこのような特徴があるのでしょうか?

自分だけの安全な空間から外に出るのが怖いから。

「自分の殻の中から出るのが怖い」タイプのアダルトチルドレンは、

新しい事を始めようとしたり、新しい環境に入る時など、

今迄と違った人間関係が必要になってきます。

そこで、心の中に創りだされた自分の一番安全な場所、

自分の殻の中から出ることが怖くなってしまうのです。

子供時代の経験で、お父さんとお母さんの不仲や、お母さんの過干渉によるものから身を守るため。


 いじめなどを未然に防ぐために、なんとか傷つけられることから自分を守るため、すみっこでそっと息をひそめている方法が、安全な自分の殻の中となったのです。

そうすることで、周りの大人から「おとなしくていい子」とか「世話のかからない子供」、「放っておいても大丈夫」というように思われるような自分を創りだします。

また、いじめなどでを事前に防ぐため、クラスで目立たないような存在として、安全な自分を創りだします。

こうして無意識に、だんだん自分の存在を薄くしていって、自分を守る術として自分の殻に閉じこもる方法を身に着けていったのです。

本当は、誰かとつながりたいのですが、こうした幼少期から自分の安全を確保するすべを身に着けてきたので、殻の中から踏み出すのが怖いのです。

心の中では、「私はどうでもいい存在なのでは?」と感じながら、孤独の中にいます。

でも本当はもっともっといろいろな経験を楽しみたいのです。

こうした場合にはどのようにしたらいいのでしょう?

それは・・・

自分は安全なんだという経験を身に着けることです。

はじめは、本当に小さなこと、例えばカウンセリングの中で言いたいことを言う。

そんなことからでもいいのです。

何を言ってもカウンセラーは、批判や判断をせず、口をはさまずにそのままを受け止めていきます。

そうして無条件に受け止めてもらえる経験を積んでいくと、自分を素のままに出せる場ができます。

自分を出せる場を経験していくことがとても大きな変化へと導いてくれるのです。

それは安心できる。受け止めてもらえる。

否定されない。

こうした要素が少しづつ身に染みていくからです。

私のカウンセリング方法の中には、特に恐れやトラウマなどから解放される特別な方法があります。

それは脳の仕組みに働きかける技術です。

この方法を使い非常に強力で有効な効果を

たくさんの方に経験してもらいました。
[box class=”box28″ title=”奥手で人間関係がうまくいかないと思っていたケース”]
ある40代の男性の方が、結婚したいのだが人と話すのが苦手でということで相談にいらっしゃいました。

お話をうかがっていくと、子供時代の家庭の中に、現在までの人間関係への対応のしかたが大きく影響している要因をいくつか感じたのです。

やり取りの中で自己肯定感、自分の価値は低いという思いが言葉の端々からにじみ出ているようでした。

そこでまず、とても簡単で誰でもできる方法を使いました。

そして、自分だけは絶対に安全で守られ、エネルギーが補充されていくような空間をクライアントさんの中に創っていきました。

これがとても強力で効果を発揮する特別な方法なのです。

次にクライアントさんの中に作った空間との繋がりを味わい、心に染み込ませる、とても簡単な練習をしてもらいました。

やがて、その安全な空間は、心の内側から変化を促し、そこから次のステップへと進んでいくことができました。

月1回のセッションとメールなどでも質疑応答やアドバイスのサポート。

その成果で見事、理想の奥様と出会い、今ではとても幸せな家庭を築いていらっしゃいます。
[/box]
このケースのように自己肯定感の低い方はアダルトチルドレンの方はに大変多くいらっしゃるように感じます。

それでも、カウンセリングによって適切な心への働きかけをすることで、とても早い期間で劇的な改善効果が経験できるようになります。

今回のケースでの気づきは:

自分を自分自身が受け入れられていない

人にも受けて入れてもらえないと思い込んでしまう

自分は人と交流しても楽しくない

頑張って、人と交わる努力をするが何を話していいのかわからない

やはり、自分は人との交流に向いていない

自分を自分自身が受け入れられていない

このような悪循環を長い間続けているのです。

こうした悪循環を断ち切ることが重要になります。

そこから、自己肯定感を高めていける心のケアと日常での変化を楽しんでもらいます。

そうすると、いままでのパターンから脱出し、自分の想いを現実化させていくことができるのです。
[box class=”box25″]
私のカウンセリングは最初に「悪循環を断ち切る」方法を身に着けて頂きます。
そうすると、今現在の目の前の辛さ、苦しさに費やされていたエネルギーの消費が必要なくなり、心と体にゆとりが出てきます。
そして必要な心理実践方法を日常生活に取り入れてもらいながら、クライアントさんの意識的にも、無意識的にも目指すゴールへと一緒に歩んで行きます。
[/box]
私のセラピーでは、こうした心の悩みを多くの方から相談を受けカウンセリングしてきました。

ぜひ一度、東京新宿駅そばにあるアダルトチルドレン専門カウンセリングルームへお越しください。


[btn href=”https://kan-nagara.com/” class=”raised green-bc strong”]詳しい内容とメニュー&予約はこちら[/btn]

LINEでも直接、お問い合わせいただけます。
友だち追加

[memo title=”ご安心下さい”]
このボタンをクリックしても、あなたからメッセージをいただくまで、私にアカウントが通知されることはありません。

関連記事

ページ上部へ戻る